可愛い声。

こんなハンサムな顔をしているるーくん。
ところが、鳴き声はすんごく可愛い。

「(み)あうーーー。」

ってそりゃもう、甘ったれた甲高い声で鳴くんですよ。
この顔からは想像できないほどの可愛い声で鳴くんですよ。

そのギャップにやられて、更に私はメロメロ。

たとえ私のお腹の上をずかずか歩かれようが、
顔の上にあんよと尻尾をのっそり置かれようが、
ベッドの3分の2をとられてセミダブルなのに窮屈に寝るハメになっても、
「っふ・・・仕方ないなあ」
と自由にさせてしまっている甘々な親バカです。

d0065219_2072312.jpg


「ぐふ。」
[PR]

by ruhig_monarch | 2006-08-22 20:07 | るにゃも日記